top of page

【社員旅行・団体旅行】もっとお得に!団体割引で手配

社員旅行を計画するにあたり、予算は低いに越したことはないですが、かと言って安かろう悪かろうになっては元も子もありません。賢く予算を抑えるために、団体割引を上手に活用しましょう。

観光施設などは、団体割引についてホームページなどにわかりやすく表記してある場合が多いですが、交通機関や宿泊施設の団体割引などは一般の人にはなかなかわからないところかもしれません。

今回はそんな団体割引について解説します。


●団体割引は何人から適用される?

団体割引は交通機関や宿泊施設などによって異なります。例えば、JRの電車や新幹線では8人以上、飛行機では航空会社によって5人〜10人以上が適用条件です。観光施設や宿泊施設も条件がまちまちで、人数や部屋数によって割引が設定されています。

●航空便の団体割引

飛行機の団体割引は旅行会社を通さなければ購入できず、注意が必要です。

国内線の場合、団体航空券を予約することができるのは

日本航空とスカイマーク 5名以上 全日空やスターフライヤー、ソラシドエア、エアドゥ 8名以上 LCCのピーチ、ジェットスターや春秋航空 10名以上

などとなっています。

団体航空券の利用には、注意点も存在します。例えば、団体航空券は一般販売の航空券よりも料金が高くなる場合があります。


●新幹線の団体割引

新幹線の普通団体割引は8人以上で適用され、割引率は時期によって異なります。ただし、一般の人が買える割引が適用されるのは「乗車券」のみで、「特急券」は対象外です。手続きはみどりの窓口で行います。 ただし、旅行会社を通すことで、普通団体券よりお得になる場合もあるので、ぜひ一度ご相談ください。

●宿泊施設の団体割引

宿泊施設でも施設によって団体割引がある場合があります。 人数や部屋数によって料金がお得になりますが、旅行会社を通して予約することが求められることがあります。


総じて、団体割引の手配は旅行会社に依頼することがおすすめで、条件や手続きに不安がある場合でも専門の担当者がサポートしてくれます。 また旅行会社を通してまとめて手配した方がよりスムーズで個人手配だとお得な団体割引を見逃してしまう可能性もあります。

団体旅行・社員旅行などお考えの皆様、ぜひ一度ご相談ください!



Comments


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page