top of page

【社員旅行】復活する社員旅行とその新しい形

コロナ禍で社内コミュニケーションが希薄になったこともあってか、「社員旅行」が再び注目を浴びています。以前は一般的であった社員旅行も、働き方の変化や参加者の減少から開催数が激減していましたが、現代のコミュニケーション需要の高まりやイベントの重要性再評価により、社員旅行が復活の兆しを見せています。特にベンチャー企業や革新的な企業での再評価が進んでいます。


かつては企業の業績低下や景気不透明感から経費削減の対象とされ、実施が減少していましたが、最近では実施企業が増加し、その効果に注目する企業も増えています。社員旅行がもたらすメリットや成功事例を考え、社内イベントとしてどのように育てていくかについて検討していくことが重要です。


社員旅行の最も大きな効果は、社内コミュニケーションの活性化です。現代の働き方ではPCに向かっての作業が主体であり、直接の対話が減少しています。社員旅行を通じて非日常の体験を共有し、新たな面を発見することで、関係性が築かれ、仕事への自然なコミュニケーションが期待できます。ただし、その効果はコミュニケーションだけに留まらず、集中力の向上やモチベーションアップにも寄与します。


現代人の集中力低下や若手社員とそれ以前の世代のジェネレーションギャップが指摘されており、社員旅行はこれらの問題を解消する契機となり得ます。ただし、単なる開催ではなく、計画段階から工夫が必要です。参加者が楽しみながら参加できるプランや、集中力向上に資するメリハリのある旅程、アクティビティの導入などが重要です。アンケートを実施し、参加者の意見を取り入れることも有効です。


社員旅行においては、企画に工夫を凝らすことが成功の鍵です。自由時間の設定や写真鑑賞の機会の提供、ダンス習得のようなアクティビティ研修の導入、ビジネス最適化のゲームワークショップの導入など、参加者が楽しみながらも意義深いイベントになるよう工夫が求められます。


効果のある社員旅行なら、ぜひお任せください。



댓글


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page